新作物件|賃貸管理物件

東船橋3丁目B号棟

吹き抜け天井

曽我:基本コンセプトは「通りの良い家」。現在は更地の南側に家が建ったとしても、光が入り風が流れるよう天井を高くし、吹き抜けにしました。
八野井:リビング階段は私がこだわってリクエストしました。リビングを通らないと2階に上がれず、また階段からリビングが見通せるので、それぞれが自分のペースで暮らしていても、家族の気配を感じることができます。

リビング

八野井:線路に面している南側を防音効果と家具を配置し易くするために、窓を作らず壁面にしてもらいました。日当たりの良い南側に窓を作らないのは異例ですが、吹き抜け天井の窓からの採光が十分なので、室内はとても明るいです。

ダイニング

曽我:南側の高い位置の窓から北側の低い位置の窓へ風が抜けるように設計しました。
八野井:風の通りを考えての窓の配置ですが、北側の隣地にアパートが建っているので、目線が合う位置に窓がないのは、プライバシーの保護にもなって良いですね。

テラス

八野井:テラスは通常、建売ではスペースがなくて作れないことが多いので、この物件のセールスポイントです。奥に入っているので、屋外ですが外部の目線は気になりません。ダイニングの延長としてくつろげます。

玄関

八野井:採光が充分な玄関は、明るく解放感があります。靴箱の足元には隠し照明があり、その空きスペースにも靴が並べられるので、日常的に使う靴をそこに並べても玄関はすっきりとしていてお客様をお迎えしやすいです。

ダウンライト

曽我:住む方の自由意思で、どの位置にでも明かりが取れるようダウンライト以外にもライティングダクトレールを設けました。
八野井:ダウンライトを配置すると、大きな照明器具を付けなくても良いのでシンプルな空間になって、インテリアも選びやすいですね。

曽我透 (そが とおる)
一級建築士。株式会社曽我建築事務所 代表取締役

八野井理恵 (やのい りえ)
スターツピタットハウス株式会社東船橋店 店長

施工:イトーピアホーム株式会社