株式会社秀榮

お客様の声

VOICE
4

工夫された収納の技

引っ越し経験が生かされた工夫の数々

ご主人:結婚してから転勤を繰り返し、今回の戸建購入で5回目の引越しとなりました。この家はフリープランなので、色々なタイプの部屋を見てきたことが、戸建建築に際して、とても参考になりました。

奥様:家族みんなで過ごせる広い空間が欲しくて…。とはいえ5人家族なのでどうしても物が溢れてしまうので、収納スペースが重要でした。

ご主人:玄関まわりの収納が気に入っています。外に物置を置かない代わりにタイル床の土間部分にガーデニングやバーベキュー用品などの収納スペースを設け、棚の仕切りを工夫することでスキー板やキックボードなどの背丈の高い物も収納可能となりました。また、玄関を上がった廊下部分には、コートなどを掛けられる収納スペースがあり、目に付きやすい場所にコート掛けなどを置く必要もなくなりました。

奥様:これだけ物が収められても、玄関は広々としていて、子供たちがお友達と外遊びをしている時、家に上がらなくても玄関先で休憩ができます。リビングも、親の目が行き届くところで、子ども達に遊んだり、勉強をしたりして欲しくて、21畳のスペースを確保しました。

21畳のスペースを確保したリビング

ご主人:家族みんなで一緒にいられるように、私がパソコンで作業ができるスペースをリビングに作りました。デスクトップPCの上に棚を作り、その位置に光ファイバーケーブルの配管出口とコンセントを作ってもらうことで、ネットワーク機器を一カ所に集中することができました。光る機械は子供の興味をそそりますからね。高いところに置いておけば安心です。LANや電話回線などは壁の中を通してもらい出来るだけ配線が目に付かないようにしています。棚と配線経路を作ることで、パソコンラックを置かなくてもカウンターテーブルにデスクトップPCがコンパクトに収まりました。同じカウンターテーブルに並んで、妻が事務仕事を、子供が勉強をしたりできますね。

奥様:5畳の屋根裏収納庫はとても便利ですが熱が籠るので、熱に弱い物は階段下スペースに収めています。また、家族が多いのでキッチンのパントリー(食品庫)も重宝しています。パントリーは棚の高さを自由に変えられるように作ってもらったので、用途に応じて変更できるのも助かります。

ご主人:2階の子供部屋とその収納も気に入っています。二人の息子のための子供部屋が2部屋、並んでいるのですが、幼いうちは兄弟で広々と使えるように、間仕切り戸をウォークインクローゼットに収納できる作りにしました。大きくなって自分だけの空間が欲しくなったら、間仕切りを出して個室にしてあげようと思います。

家族みんなで一緒にいられるように、
私がパソコンで作業ができるスペースをリビングに作りました。

地域密着企業の安心感

ご主人:敷地入口から奥まったところに玄関があるので、「インターフォンは道路から近い場所に置きたい、門柱だけがポツンとある状態は少し寂しいので工夫ができないだろうか」と相談しましたら、建築マネージャーの金子さんが、いくつかの壁タイプの門柱の案を作ってくださり、そこにインターフォンや表札を設置しました。レンガ調、モルタル調など、いろいろな案を出してもらい、相談しながら決めたことが印象に残ってます。道路側の窓の目隠しとして機能していているところも気に入っています。

金子マネージャーは、私たちの素人的な要望に関しても真摯に対応をしてくれて、実現可能な範囲でいろいろと案を提示してくれました。休日や深夜も問わずに相談に乗ってくれましたし。初めての戸建購入でしたが、安心してお任せできました。営業担当の山藤さんも、ローンや税金のことなど丁寧に説明して下さり頼れる存在でした。今は独立されて、㈱ルーツコーポレーションの社長さんなんですよね。秀榮もルーツコーポレーションも私たちの自宅近くに事務所があるので、アフター面でも安心です。地域密着企業の良いところですね。

いろいろな案を出してもらい、
相談しながら決めたことが印象に残ってます。

PAGE TOP